あんたは何者?WEBフリーランスって何している人?私のお仕事、公開します

作成日 

更新日  2018/03/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - フリーランスの生活と仕事

Ads by Google

Tamayaのイラストこんにちは、Tamakoです。

今回は「あなたは、いったいWEBで何をしてるの?」という話です。
周りからよく聞かれるんですよね。

うーん、一番近い肩書きが「WEBデザイナー」ですかね。
なので企業に自分を売り込む時にはWEBデザイナーと言っています。

でも言ってみてあれだけど、あまりしっくりこないですね。

確かにWEBサイトを作ってるけど、会社に所属しているWEBデザイナーさんとは違います。
何が違うかって仕事の内容が多種多様にぶっ飛んでいることですかね。

頼まれればチラシも作るし、取材もするし、記事も書きます。
画像の修正もしますし、イラストも描きますよ。

過去には簡単な自費出版をしたいので手配してくださいなんて話もありました。
よく考えたらWEBとは何の関係もない話ですよね。

でもWEBとその周辺のことなら何でもします。

振り返るとこんな面白い仕事を引き受けてました!

面白い仕事引き受けてみた

今でこそ、サイト制作が中心ですが、過去にやってきた仕事の中で、面白かったものを書き出してみました。

・占いの記事作成
・漫画のトーン消し
・動画の作成
・スマートフォンの初期設定
・飲食店への取材
・結婚式用の写真の修正
・お葬式に使う写真の修正
・ラインのスタンプ作成
・下着屋さんのチラシ
・PCゲームの制作補助・運営
・クライアントとの代理店をつなぐディレクション業務

統一性がないというか・・・いろいろなことやってますw

そう、一言で言えば、WEBのなんでも屋さんです。

 

最初は簡単なことしかできないかったので、どうしてもイラスト制作や画像修整がメインで、1年を過ぎる頃からしっかりWEB制作のお仕事を引き受けられるようになりました。

今ではECサイトやwordpressでのサイト制作、検索システムなども業務に含まれます。

会社に勤務するWEBデザイナーとフリーランスの大きなちがい

会社の方針やチームの人数、業務によってもちがうのですがフリーランスと会社員のデザイナーとでは大きなちがいがあります。

会社に所属しているWEBデザイナーはWEBサイトを作ることだけに注力することが多いです。

ディレクションとWEB制作は兼任することもありますが、基本的には営業は営業マンがしてくれるし、ディレクションはちゃんとディレクターお仕事です。

これがフリーランスだと、最初から最後までひとりで作りでしなくてはいけません。

営業も、サイトの制作も、事務も、なんでも出来ないとやって行けないですね。

どっちもどっちなのですが、私はフリーランスの方が性に合っていると感じます。

フリーランスと在宅ワーカの違いはなに?

たまに聞かれるのですが、基本的にちがいはないですよ。

在宅でお仕事をしているなら在宅ワーカーです。
自分の能力を生かして仕事をする個人事業主がフリーランスです。

ただ最近のサイトなどでは、配偶者の扶養内で働く主婦のことを、在宅ワーカーと呼ぶことが多いようです。
フリーランス(個人事業主)と区別をつけるためかもしれませんね。

フリーランスが楽なわけではない

フリーランスもラクじゃない

結局のところ、フリーランスだって大変です。

自分が乗り気でない仕事もこなさなくてはいけないし、仕事量がお金に直結します。

仕事がなければ生活できないんです。

でもどんなに大変でもフリーランスになってよかったって人もいます。

私もそのひとりです。自由だし、やればやるほどお金になるし、自分のペースで仕事ができますから。

大切なのは自分の性格に合うか合わないかですよ。

生活がかかっているのに、急に崖から飛び降りる勢いでフリーランスになる必要はありません。

会社に勤めながら、自分の好きなことをお金にする道を、副業として考えてみてもよいと思います。

今の世の中では道は沢山あるのでじっくり考えていけばよいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Ads by Google