在宅業務を始める前にパソコン環境をつくろう!基本的なこと8点

作成日 

更新日  2017/04/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 在宅ワーク

Tamayaのイラストこんにちは!Tamakoです。

質問者の写真
さぁ、今日から仕事を始めるぞ!

と、思い立ったが吉日とばかりに、始められるのが在宅ワークのよいところです。
在庫もいらない、店舗もいらない、簡単であまりお金もかかりません。

それでも最初に整えておくと、あとで作業が楽な工程があります。

ひとつづつ説明していきますね。

何はなくてもパソコン!何はなくてもパソコン!イチも二もなくパソコン

インターネットの仕事なのでパソコンがなければ話にならないですヨ。
大切なことなので3回言ってみました。

あ、でもちょっと待って。
何年も前の押入れのパソコンを引っ張り出してきて、なんてことはダメですよ!
最新版とまでは言わなくても、現在サポートされているOSがスムーズに動作するぐらいのパソコンは必要です。

今だとWindows7以降のOSが実装されてないといけません。

パソコンにそれなりのスペックがないと、Windows7は起動しません。起動しても動きません。

本当はいろいろ細かくあるのですが、サポートされているOSがスムーズに動くということが、仕事が出来るスペックのパソコンかどうかのひとつの基準になります。

君のパソコンのウイルスソフトは作動しているか

怪しい牛

せっかくいいパソコンがあっても、ウイルスソフトがなければ、ネットに繋ぐことはとっても危険なことです。

言ってみれば夜中に家の玄関の扉をあけて、現金をおいて「泥棒さん、いらっしゃい!」と手招きするようなもの。
怖いですよね。そんな状態でお仕事をしちゃダメです。

ウイルスソフトは必ずいれておいてください。

プライベートで使うなら無料のソフトでもいいのですが、仕事で使うものなのでここはピシッと有料のウイルスソフトを購入しましょう。

ノートン、 ウイルスバスター、PC Matic、などが有名です。
価格も1年間で5,000円前後なので、そんなに高いものではありません。

またパソコンを購入する時に、ウイルスソフトも標準でインストールされていることが多いのですが「更新」という落とし穴があります。
いつの間にか期限が切れていた、なんてこともありえるので確認は必要です。

自分のパソコンからクライアントの情報が漏れたなんてことにならないよう、セキュリティは常に意識しておきましょう。

仕事だけのメールアドレスを作ることで(仕事との)愛が深まる

使い勝手がいいんだから、今使っているメールアドレスでいいじゃない、と思うかもしれませんよね。

でも仕事のメールアドレスは専用で作ることをお勧めします。
広く知られていてビジネスでも使用される、GoogleのGメールがよいですよ。

仕事とプライベートのメールアドレスを分けることにはとても重要な意味があるんです。

他のメールとゴチャゴチャにならず、重要な案件の見落としがなくなります
またプライベートなメールと一緒にするよりも、ウイルスの感染を防ぐことができ、感染したとしても特定が簡単になります

メールの見落としで納期が守れなかったなんてことにならないよう、ビジネス専用メールを作成しておきましょう。

インターネット口座への振込みはクライアントに喜ばれる

元気な牛
もうひとつ欠かせないのがインターネット口座の開設です。
お仕事をした際、大切なお金を振り込んでもらうためですね。

大手の銀行に口座があれば問題はないと思うのですが、ときどき「楽天銀行の口座は持ってませんか?」と聞かれることがあります。

アウトソージングサイトのクラウドワークスも

クラウドワークスよりメンバーの個人口座に振り込む際には、別途振込手数料(楽天銀行税込み100円・他行税込み500円/2014年3月31日以前の振込についてはそれぞれ105円・525円)が発生いたします。
crowdworks・受注したい方向けのご利用料金

と記載があるので、仕事を発注する側からすると口座間の振込みが無料だったりと、何かと便利なのだと思います。

必要な時にすぐに用意できるものではないので、インターネット口座を持っていない人は楽天銀行の口座を作ることをお勧めします。

質問者の写真
 楽天口座を作るときは楽天カードを作ると、楽天市場のポイントが8000ptついてお得、8000円のお買い物がタダでできちゃいます!
※イベントや時期によって付与されるポイント数に変動があります。

Evernoteで自分だけのノートを作ろう

Evernoteとは、簡単に言うとweb上で使えるノートのアプリのことです。
メモしたり、記事をクリップしたり、動作も簡単。

またパソコンだけでなく、スマートフォンでも使えて、ノートを友達と共有できたりと多機能です。
一定の容量までは無料で使えますよ。お財布に優しい仕様です。

私は履歴書と応募した会社を、Evernoteで管理して忘れないようにしています。
履歴書は下書きをEvernoteに書いておくと、どの会社にどういう内容のものを送ったのか一発で分ります。

また応募した際の会社の募集要領のサイトも記事ごとコピーしておきます。
もしサイトの募集の記事がなくなってもEvernoteに保存しておけば、すぐ見返せるのでラクチン。

募集要領の記事は絶対にコピーして手元においておくべし!

実は「募集要領記事をコピーしておくこと」はとても重要なことなのです。
「仕事をしてみたら募集に書いていた内容と違う」とか「提示していた料金と違う」などトラブルが起こった時に役立つんです。

もちろん、たびたび起こることではないですよ。

会社間ではあまりないですが、発注側が個人で小さな規模の仕事だと、間違いも含め「あれ?」と思うことがあります。
でもそんな時に「御社はこのように募集の際に書かれています」とハッキリ伝えることができれば、大きなトラブルにはなりません。

私も何度か救われたことがあるので、募集の内容はきちんと控えておきましょう。

会いたくなった時に、ここにいないなんて・・・連絡用ソフトは必需品デスヨ

悩む牛
最近ではメールでやりとりせず、チャットワークやサイボウズなどの連絡用ソフトを使う企業が多くなってきました。
私もお取引している会社のほとんどがチャットワークを使っています。

そして距離が離れていても、無料で通信電話ができるスカイプもよく使われます。
特に打ち合わせや会議に使われることが多くて、私もスカイプで打ち合わせをしてるんですよ。

クラウドワークスやランサーズのようなアウトソーシングサイトでは、サイト内でやり取りができるので必要ありません。でもいざという時に相手の要求にすぐに答えられるように準備しておくと、あわてずにすみます。

Excelが使えれば天下が取れる・・・かもしれない?!

頑張る牛
今ではだいたいのパソコンに購入するとMicrosoft Officeがインストールされています。
その中でも一番使うのがExcelです。次がPowerPoint。

在宅の仕事ではGoogleのスプレッドシートを使うことも多いので、Excelの簡単な関数が使える程度にはマスターしておくとよいです。
使ったことがない人はキーワード検索で「Excel 使い方」とか入れれば、参考サイトが出てきます。
家計簿や予定表を作るところから初めてみるとよいですよ。

自分で簡単に勉強できるなんて、便利な世の中になったものです。

あと上級のマクロまで使えるようになれば、高単価の案件がたまにあったりするので、極めてみるのもよいと思います。
芸は身を助けるですね。

画像編集ソフトは地味に使う機会も多い

画像を編集することなんてあまりないと思うかもしれませんよね。
でもブログをするなら見出し画像は必要ですし、クライアントとのやり取りの中で、言葉で説明するのが難しい時などは、画像にして送ったりします。

フリーの動作が簡単な画像編集ソフトを、ひとつダウンロードしておくと使い勝手がよいです。

まだ初めてでよくわからない場合は、Windowsにインストールされているペイントというソフトを使ってみてもよいでしょう。
スタート→全てのプログラム→アクセサリーの中にあります。

まとめ

今回ご紹介したのは本当に基本的なものばかりです。
フリーのソフトなどは便利なものが多くあるので、必要と感じた時に自分でそろえるのがいいですね。

仕事を始めてからでは忙しくなるので、今のうちの準備ですヨ!

牛さんみたいに、あわてずゆっくりやればええ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で