在宅ワークで心が折れないための、メンタルを安定させるコツ3点

作成日 

更新日  2017/04/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 - 在宅ワーク

Tamayaのイラストこんにちは!Tamakoです。

フリーランスの仕事をしていると、心がもげてどこかにいってしまいそうな時があります。
理不尽なことや、びっくりするようなことに「なんで?どうして?」と気持ちが鬱々としてしまいます。

特に在宅ワークの最初のうちはとても大変で、勝手が違うことばかりがおきやがるのです。
上手くいかないことでしょんぼり。

でも心の持ち方が変わればすごくラクになります。これ本当です。

3年前の私に言ってあげたい、在宅ワークを上手く進めるアドバイス

半年は結果がでない時期と思うと、あせらないから癒されるよね

半年は結果がでないと思うと何となく癒される

えーっ!と思うかもしれませんが、現実的に考えると安定して5万の収入を得るためには、短くても半年はかかります

1万ぐらいなら1ヶ月でいけるかもしれません。
3万円なら3ヶ月ぐらいはかかるかな。
でも5万をコンスタントにと思うなら半年~1年間はかかるでしょう。

もちろん持っているスキルによります。すでにwebサイトが作れるほどの技術を持っているなら話は別です。

私は在宅ワークの相談を受けることがあるのですが、すぐやめる人は自分の技術との感覚がずれている人が多いです。

つまり「すぐ稼げるはず」と勘違いしているんです。スキルがなければないほど、すぐには稼げないですから。

せめて1年間は結果がでなくても続けるんだ!という気持ちが大事になってきます。

俺は!俺は!俺は社長だぁ!と自覚するべし!

半年は結果がでないと思うと何となく癒される

在宅ワークを始めるということはあなたが自営業をするのと同じことです。
社員であり、社長でもあるんです。

この自立した意識がないワーカーさんは結構います。

実際に私が外注さんに仕事を発注した時の話ですが
「子供を幼稚園にむかえに行っていたのでできませんでした」とか
「忙しくて無理でした」
とかいわれたことがあります。

いやいやタスク系の作業だし、納期も1週間もあったんだよ。なにしてたの?
ていうか、忙しくて無理ってなんだ?私も忙しいぞ?

なに言ってんだよーとビックリしました。

仕事をしているという意識が薄いんです。

話をしたのですが「会社の仕事とは違うから」と言われました。
・・・。

ただ勘違いしてほしくないんですけど、なんでも頑張ればいいわけではないです。
外注だからなんでもやってもらえると誤解している会社もありますから。

ワーカーがしっかりと作業をしても、無理ばかりを言ってくるクライアントには毅然と対応しなければいけません。
理不尽な要望ばかり聞いていると、ストレスが溜まって、自分がつぶれちゃいますよ。

クライアントとのやり取りは運動会の綱引きのようなもの。
自分の立ち位置を決めて、上手にコミュニケーションをとらなければいけません。

そのためには「自分は社長だ」と、仕事をしているというハッキリとした意識が必要になってくるのです。

相談してグチって上等!誰でも最初から上手くはできないんです

相談してグチって上等!誰でも最初から上手くはできないんですぅ

リアルでもネットの世界でもいいんですけど、相談できる人を作っておくとストレスは半減します。

在宅ワークは基本ひとりで、仕事仲間や同僚の人がいないので孤独になりやすいんです。

トラブルや無理を言われた時に「これ変じゃないかな?自分がおかしいのかも・・・」という不安が生まれやすいんですよ。
慣れてくると「あのクライアントさん、またムチャ言ってるよ」ぐらいの感覚になるんですけどね。

なので最初は目隠しをしたまま歩いてる、まさに手探り状態だと思ってください。
だからこそ杖が必要です。

誰かに相談するという杖があれば歩きやすいですよね。
頭のなかが整理されて冷静に考えられるようになるのでおススメです。

ちなみに私は旦那に相談してました。
チョウのように舞いハチのように刺すアドバイスはもらえませんでしたがw、相談したおかげでクライアントと、良好な関係を築くこともできたのだと思います。

まとめ

「在宅ワークはすぐ稼げる」なんて広告を見ると「あーあ」と思います。

おこずかいぐらいなら稼ぎやすいかもしれないけど、きちんと結果を出していこうとすれば時間はかかります。

最初からあまり気負いこまず、少しづつ歩いていくぐらいの気持ちでやっていきましょうよ。

時にはグチって、美味しい物食べて、ストレス発散したっていいんです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で